2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト       [ --/-- ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

研修2日目~       [ 01/17 ]

むちゃくちゃ腹が立った一日だったよ…

今日はネットワーク基礎を学んだ。
怒りの元である教育部長の”○シバシ”って奴から研修前に一言。
「土曜日にまで集まっていただいたのにはそれなりの理由があります。とても重要な内容なのでちゃんと勉強してくださいね」だってさ~
この言葉ちゃんと覚えておいてくれな…


昨日と変わり講師は実際に客先で常駐していた経験のある社員さん。
おっとりとした人で親しみが沸くよ。

内容はまぁ本当に基本的なネットワークのあれこれ。
「アプセトネデ物」や「IPアドレスの中身」「ルータの仕組み」などなど。

途中何度も休憩を挟みペースが掴み辛かった…
それと例えが非常に下手でIPアドレスの最下位桁が0か255である特殊な状態を説明する際バスケット部を例に挙げてきたからなw

そのせいでその部分が理解出来なかった人が続出w
質問攻めされていたよ。


私自身は独学でこの範囲は学んでいた為全く問題なし。
復習になったから良いけどね。

後は実習としてコマンドプロンプトからIPアドレスを調べる方法やping命令による疎通確認などを行った。
一番面白かったのはスイッチングHUBを使い実際にLANを構築する実習だったのだが…
これは後で詳しく話すとしよう。


んで冒頭で私が呟いた腹が立った事柄をまとめて挙げておこう。

・1つ目
 昼休みたまたま来ていた社員さんに「どう?理解出来てる?」と訊かれ
 「この範囲は自分で勉強していた部分なので大丈夫です。」と返す。
 「それはえらいな。がんばってな。」との良い返事をいただいたのだが…
 そこで”イ○バシ”が登場!
 その社員さんを連れて行きわざとかは確かではないが私にも聞こえる場所でコソコソっと…
 「この範囲は基礎も基礎で知ってて当然。あまり褒めると調子に乗るから止めとけよ。」
 と社員さんを叱っていたのだ!
 そりゃあんたにとってはその程度の知識かもしれないがその言い方はないだろう!
 私もそうだが社員さんも気持ちが良くなかっただろうな…

・2つ目
 研修が終わり最後の一言としてまたまた登場の”イシ○シ”。
 先に覚えていてと言った言葉を頭の隅において次の言葉を読むべし!
 「さて皆さんちゃんと理解できましたか?今日習った事は基礎なので実際にはもっともっと上の知識が必要となります。だから正直今日の勉強に意味は無く自分で勉強する事に意味があるのでさらに上を狙い家で勉強して来て下さいね。」
 (゚◇゜ )!!!!
 ナニヲイットルノダネコヤツハ!?
 わざわざ楽しい楽しい休日を返上して来てやったのに7時間前に己が言った言葉を覚えておらんのか?

・3つ目
 怒りのすべてが”イシバ○”!
 帰りの挨拶目の前でやったのに無視しやがった…


去年の10月にあった自宅での研修の説明会で初めてこいつに会ってから言う事の矛盾と馬鹿なこだわりが気に入らなかったがこれで決定的になった!
もし大阪支社に入ってもこいつとは個人的付き合いをしねぇ!!!



話を戻そう。
その他の面では面白い事もあったので先の怒りを忘れる為書いておこう!

やはり中には文系の方もいるのでいろいろと理解出来ていない者も居るのですよ。
んでそういう人は休憩時間周りに居る情報を学んできた人に聞くのですが…
聞いた相手の回答が間違いと馬鹿な例えばかりで笑いをこらえるのが大変だったよw

では文系君をA君、情報知ってる君をB君として話を再現!
私の気持ちをナレとして挿入しておくのですよ。

◇ルータとスイッチングHUBの違いについて~
A君「ルータとスイッチングHUB(以降SWHUB)の違いが分からないんだけど…」
B君「じゃあ年賀状で例えよう!」
ナレ「年賀状w」
B君「SWHUBは手渡しで、ルータは郵便。
   手渡しだと近くしか無理だけど郵便使ったら遠くまで届けられるでしょう!
   分かった?」
A君「なるほど!」
ナレ「ちょそれ違うから!!
   確かに距離と言う概念では多少当てはなるが…」


◇(物理的な)ポートについて~
A君「ポートって何?」
B君「空けるもの。挿す部分。」
ナレ「………」


◇MACアドレスについて~
A君「MACアドレスって何?」
B君「どこまでを一つのネットワークとして捉えるかってこと。
   それでPCを特定して接続するんだよ。」
A君「PCの特定はIPアドレスだろう?」
B君「そうじゃないって!
   PCを特定する為に何処になるかを知る必要があるからそれがどこかを表す為に使うの。」
A君「何処ってのがアドレスだからやっぱりIPじゃないか!」
B君「あのな~何度も言うがそうじゃなくて…
   例えるならIPアドレスの最上位から順に
   会社名、支社名、部屋、PC を表しているとして
   MACアドレスが”255.255.0.0”なら部屋がどこであっても
   支社名までがあっていたらネットワークに出来るの!」
A君「えっ!じゃあ”255.255.255.0”だったら部屋までが一緒だったって事?」
B君「そうそう!だからそこでPCの特定が出来るんだよ。」
A君「いやだからそこが分からない!PCの特定はIPアドレスだろう!」
B君「そうなんだけどそうじゃないの!」
ナレ「もう何がなにやら…」


幸いな事に隣に座っている人はちゃんとした知識を持っている人なので私がこのような非建設的な会話をする事はなかった。
っと言うより上記の内容を聞いて2人で笑っていたぐらいさw

さて忘れていたかもしれないがスイッチングHUBによるLAN構築の実習の時間の話でも。
この時も先に出てきたB君が馬鹿発言をしまくっていたよw
グループを4つに分けて行った。

スイッチングHUBは実際に家で何度も触っていたので私がさっさと接続してグループ内でのLAN構築は終わらせた。
途中同じグループだったA君にB君から間違って教えられた部分を訂正して教えておいたよ。

今度は各グループが持つスイッチングHUB同士を接続し少し大きめのLANを作る!

B君のグループと組む事に。
こちらがカスケードポートをオンにして接続。
ここではまだ何も起こらない。

んで今度はそのB君のグループが他のグループと組もうとした。
もちろんこちらはカスケードを使用したので今度はB君のグループがカスケードを使用するのだが…
なぜか私の方にケーブルを渡し通常ポートへ繋げとの指示!
もちろんそれでは無限循環になるので私が止めたのだが…

知識人ってのはこういう時にえらそうな態度を取るんだよね~
ごちゃごちゃ文句を垂れていたよ。

そうこうしている内に鬱陶しくなって私が他グループのカスケードを頂いて接続。
U字型を描くようにLANが完成だ!

なのにまだそのB君は愚痴愚痴と文句。
どうもLANをO型にしようしているようだ。

当たり前だがそんな事をする必要はない。
もちろん皆さんこの時点で気付いているのだが馬鹿らしくなったのかB君をほったらかして別の作業に移るw

本当このB君は何を勉強して来たのだろうか?


最後になりアンケートを記入して交通費を貰い退社。
あぁ~明日行くの嫌になってきたな~


そうそう勤務支社を聞こうと担当の人を探したんだけど…
出張中だってさ~
それ以外の人は分からないみたいなので残念だが今回勤務支社の情報を得る事は出来ないみたいだ…




『きっと、澄みわたる朝色よりも、』な告知
 おぉ~TG3月号当日に手に入れて刮目するのですよ!
 ちょうど水曜日で学校午後からだしね~

次のブームは「痛キーボード」!?
 この動画見てたよ~
 キーボードは作るの大変そうだから痛PCの方を作ってみようかな~
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。