2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト       [ --/-- ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダ・ヴィンチコード       [ 05/20 ]

"ダ・ヴィンチコード"観に行きました~!!

ネタバレになるのであまり内容は話せませんがまあまあの出来でしたね。

なぜまあまあかというと…

第1に「先が読める」っということです。

登場人物が少ないので容易に予想がついてしまうのです(ToT)

推理もので先が読めてしまうと面白くないです…。


第2に「展開が下手」

ストーリー上全く無駄な展開や同じような展開が繰り返されるっというものがチラチラ観られました。

そのせいで2時間45分と映画としては長いのですが内容としては結構薄いものになっちゃってます…。


第3に「登場人物の説明がない」

誰が重要な人物でどのような位置関係にあるのかさっぱりわかりません。

もちろん主人公はわかるのですが周辺にいる…

例えばジャン・レノさんがやっているのは警部らしいのですが最初に登場したときは敵としてだったのに終わりごろには味方のような関係になっていました。

しかしなぜそうなったのかは有耶無耶にされているのです!

また一部では組織側(映画を観たらわかります)の人なのかと思ったのですがそれにしてはおかしな行動をとっていたり…。

最終的には"なんじゃこりゃ!"みたいな展開で登場!

もうめちゃくちゃです…。


さてさて否定的発言ばかりでは映画を見に行く人が減っちゃたりして映画会社に怒られるのはごめんなので良い面もお話しましょう!(まぁ関係者が見てることはないと思うけどね…)


1点目「緊張感がある」

映画館という場所だったというのもありますが次々に展開が険しい方向へ進んでいくため常にハラハラドキドキでした!

警察から逃げられた~っと思った矢先組織の人間に襲われたり…

味方だ~っと思ったら敵だったり…

これでもか!っていうぐらい危機的状況ばかりです!


2点目「歴史の扱いが巧い」

実際の歴史に空想の歴史を矛盾なく交差させるのが巧かった!

舞台としては現代なのですがイエスやニュートンなどの時代も関わってくるのです。

その時の事柄は空想の歴史(っと言うより裏の歴史かな?)なのですが実に現実味があり実際の歴史にも沿っている。

ゲーム開発に携わるだろう管理人にとってはこの映画を作ったシナリオライターさんの書いたシナリオをゲームにしてみたいなと思いますね!(歴史の扱いの面だけ見てね…)


以上!


初っと言うことで長々と書いちゃいましたがこれからはもうちょっと短くしますので暇があれば見てくださいね!

もっと暇がありましたら掲示板に感想とか書いてもらいたいな~(*^o^*)


ではでは今日はこれでおしまい!


いやー、非常に辛口ですね。
僕も、トム・ハンクス観たさに観に行きました。
原作は読んでいませんが、展開がかなりスピーディでしたね。シオン修道院やマグダラのマリアといったキーワードを知らないと置いてきぼりをくいますね。映画としてのエンターテイメント性+原作を2時間半にまとめる=ありきたりなサスペンス物って感じでしょうか?ちなみにカトリック教会では
「ダ・ヴィンチ・コード」は禁書に指定されたそうです。

<ネタばれ>
美術館長が殺害された時刻、主人公のラングドンは講演会を終え、サイン会をしている。
これは充分アリバイ成立な気が?
[ 2006/06/04 21:54 ] [ 編集 ]
つうか一緒にいったではないか…

私どちらのキーワードも知りませんでしたがまぁまぁ理解できましたよ~
心理を見るのは得意だからかな?

キリストを根本から崩す内容だもんね~

犯行時刻は深夜だったからサイン会が開かれる10時間前ぐらいだったはずだよ。
[ 2006/06/05 21:19 ] [ 編集 ]
それを言っちゃあ私の素性が・・・

シオン修道院は、事前にケーブルテレビ観て予備知識入れてました。

カトリック教は婚外交渉持っちゃいけないからね。
なおさらなんですよ。

心理診るのが好きなら『羊たちの沈黙』っていう
映画をオススメするよ。
[ 2006/06/05 22:18 ] [ 編集 ]
私の友人というだけで素性がばれるようになったらネット界は崩壊だな…

シオンは何をやっているところなの?

婚外交渉とはつまり浮気はするなと?

ん~すまないな~
アレちょこっとだけ見て飽きちゃったのよA^_^;)

[ 2006/06/05 22:29 ] [ 編集 ]
身の危険がーーーー(嘘です)

確かキリストの血脈を守るという名目を掲げた
秘密結社じゃない。

ようは”できちゃった婚”はカトリックには許せんのですよ。

僕は若い頃のジョディ・フォスターが好きでね。
精神科医だが人の心を読み、相手を洗脳することが得意で、自分の患者を殺害のちに食べるってい
うハニバル・レクター博士がとても魅力的ですよ。

のちに『ハンニバル』っていう続編があるけど
あれはスプラッター描写があって(脳の前頭葉部分を当人に食わせる)好きになれませんが・・・
長々とすんません。

[ 2006/06/07 23:23 ] [ 編集 ]
返信遅れすみません…

本当にそんな結社あったんだな…
ん~世の中は小説よりも奇なりです!!

日本でもあまり受け入れがたいものですよね!

グロテスクなものは苦手でしてA^_^;)

ハンニバル…名前だけは聞いたことがあります!

[ 2006/06/12 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。