2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト       [ --/-- ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家賃問題       [ 02/12 ]

東京から越してきて二月以上たった今、
家賃問題で大家ともめている。

本来去年10月末に支払うべき11月分の家賃が未納とのこと。
この家賃のみ手渡しでやりとりした為、銀行口座への振り込み記録がなく
また私の無知から領収書を貰っておらず支払った証拠が出せない状況。
もちろんこちらはきちんと支払っており、受け渡しをした時の状況を話したのだが、記憶にないの一点張り。
さらには大家は会社を経営しており領収書を渡さずに金銭のやり取りはしないはずとのこと。

間に不動産会社を挟みながら続いていた話し合いも決着がつかず。
今日初めて大家と直接話すととなったが、どうも話がおかしい。
私がこれまで一度も話として出していなかった受け渡し時の状況を、大家の話の所々に出てきたのだ。

一点目
封筒に入れてお金を渡した事を知っていた。
私が封筒に入れてお金を渡したとは言っていないのに「封筒に入ったお金を貰った覚えはない」とこぼしたのだ。
なぜ私が封筒に入れていたことを知っていたのだろうか?

二点目
エレベーターに乗っていない事を知っていた。
10階にある私の部屋から2階の大家の部屋まで運動の為、階段を利用した。
大家は「エレベーターを使っていないから防犯カメラにも映ってないしね。」と言っていたのだ。
恐らく防犯カメラに映っていないから、大家の部屋に来ていない事を証明したかったのだろうが『エレベーターを使っていないから』と言い切れたのは私が階段を利用したことを知っているからではないだろうか。

三点目
『預かったお金』という単語が出てきた。
大家は「経営している会社に自らのお金を出して帳尻を合わせないといけなくなるのは苦しい」と何度も言っていたのだが、その際一度だけ「私が預かったお金から会社に入れないといけなくなる。」と言ったのだ。
その後すぐに『預かったお金』は何を指しているのか問いただすと、口ごもりしばらくして敷金だと言い出した。
敷金は確かに預けたお金であるがそれでは額面も合わないし、さらに『私が預かった』と前置きするのはおかしくないだろうか?
敷金は不動産会社を通して大家の会社相手に渡しており決して対応した方個人に渡した訳ではない。
また私が封筒に入れて渡したのはその場で話していた大家本人である。
つまりこの『私が預かったお金』は家賃として渡したお金を指していると見た方が自然ではないだろうか?

これまで何度も大家と直接話をしたいと言っているのにずっと不動産会社を通しての話しかしてこなかったのは、このようなボロが出てしまう事を恐れていたのかもしれないと詮索してしまう。

最後に大家が提案してきた不思議な不思議な和解案についても話しておこう。
敷金からハウスクリーニング代及び畳表替え代を引いた残りの額を支払えば良いと言うもの。
その額は家賃の半分弱なのだか、先ほど言っていた帳尻を合わせるには足りない額だ。
私の立場からすると約0.5ヵ月分の家賃さらに取られる事になる。当然受け入れてない。
会社に1ヶ月分の穴があってその帳尻を合わせないといけないと苦しいと散々言っていたのに、半月分も満たないお金で解決するって不思議でしょ。

不動産会社からは東京での契約だから裁判になったら東京に来ることになって不利だよから和解した方が良いと言っていたが、一方的に出された和解案に乗るわけないじゃいか。
なんだか疲れるけど支払ったものは支払ったのだから折れるつもりは絶対ないよ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。